小牧市の歯科は桃花台ペリオインプラントセンター

木曜・日祝休診

0568783500

小牧市の歯周病治療は桃花台歯科ペリオインプラントセンター

治療方針

桃花台歯科ペリオインプラントセンターからのメッセージ

局所治療でなく、お口全体の治療を目指す
桃花台歯科ぺリオインプラントセンターは「よく噛めない方」のための総合歯科医院です。噛めない理由は人によって異なります。虫歯で歯を失ってしまった、歯周病で歯がぐらぐらする、うまく噛み合っていないので力が入らない……こういう方たちに「噛める喜び」を取り戻していただくためのお手伝いをするのが私たちの役目だと考えています。
さまざまな理由で噛めなくなった患者さまに対して、私たちは「包括的歯科治療」を目指しています。簡単に言うと、噛めない原因となる部分だけを局所的に治療するのではなく、お口全体の治療に気を遣うということです。お口の健康はお口だけにとどまらず、毎日の暮らしを快適にし、生活の質を高めることにもつながるからです。噛むことはそれほど大切な意味をもっているわけです。私たちが「噛める喜び」を患者さまに再び味わっていただきたいと願う最大の理由です。
桃花台歯科は同じ敷地内に2つの医院を構えています。当クリニックでは本院と連携しながら、主に歯周病のために噛み合わせがうまくいかない方やインプラントを望まれる方の治療に力を入れています。これらの治療には精密で安全な処置が求められるため、当クリニックは本院と共同で備えている2台の歯科用CTを状況に応じて使い分け、活用しています。
当クリニックで手がける治療は比較的長期にわたるうえ、治療後のメンテナンスが重要な役割を果たします。「噛める喜び」の回復までに長い時間を要すること、治療後の手入れを続けることのどちらにも、患者さま自身の理解と協力が欠かせません。そのためには、症状を患者さま自身に理解していただき、不安を取り除いていただくことが大切です。
そこで、当クリニックではアニメーションを使って治療のシミュレーションを行うなどの事前説明に十分な時間をかけています。患者さまが分からないところや気になるところは納得されるまで説明します。治療前から治療中、治療後までの様子はすべて写真で残し、ご自身の状態や治療内容についての理解を深めていただけるようにしています。
うまく噛むことができないのでせっかくの食事がまったく楽しめない、歯がボロボロなので恥ずかしくて人前で口を開けられないといった悩みを抱えている方はぜひ、ご相談ください。あなたの不安を解消する最適な治療法が当クリニックにはきっとあるはずです。

治療の流れ

1. 精密な検査と診断

1. 精密な検査と診断

当医院は、歯だけではなく、お口の中全体や顎全体をも考慮に入れた、口腔全体の「包括的歯科治療」を目指します。そのためには、現在のお口の状態を正確に診査診断する必要があります。

画像診査として3D画像で骨や神経の状態まで分かる2台の歯科用CTや、現状の噛み合わせの診査器機として「アルカスディグマⅡ」という機器を設けています。アルカスディグマⅡは、見た目だけでは分からない顎の問題もデータ化されますので、より正確な診断が可能になります。

精密な診査・診断のもと、患者様一人一人に合わせた幾つもの治療プランを提示致します。

2. 説明と同意 – インフォームドコンセント

2. 説明と同意 – インフォームトコンセント

術前にしっかりとした説明を行います。「包括的歯科治療」では、多くの場合、治療行程が複雑になる為、治療が長期にわたることがあります。患者様に、どのような治療が最善か、わかり易くお伝えし、分からない事、不安な事がないよう、ご理解して頂けるまで何度でもご説明致します。

3. 治療

3. 治療

治療方針にご納得いただいたら、いよいよ治療開始です。

治療方法は、患者様の数だけあります。特別な場合を除いて、まず土台の治療である歯周病の治療を優先します。そのうえで、虫歯の治療や、歯の欠損部には、インプラントやブリッジ、部分入れ歯治療、噛み合わせの治療には、必要あれば矯正治療をとりいれます。長期間の治療になりますが、患者さまと一緒になって、長期的な安定を望む、「包括歯科治療」を目指します。

4. メインテナンス

4. メインテナンス

長期間の治療が終了します。

治療終了後の良い状態を長く維持する為には、治療後のメインテナンスが、非常に重要になります。セルフケアだけでは限界があるため、患者様と医院との双方のケアが必要になります。ご自宅でのセルフケアを怠らず、定期的に来院していただくことで、問題点の早期発見や健康な状態が維持されます。

ページトップへ