小牧市の歯周病治療は桃花台歯科へお任せください

木曜・日祝休診

0568783500

小牧市の歯周病治療は桃花台歯科ペリオインプラントセンター

院長挨拶

歯科医師 桃花台歯科副院長 村上 卓

歯科医師 桃花台歯科副院長 村上 卓

歯周病治療のプロとして患者さまに尽くしたい

桃花台歯科ぺリオインプラントセンターのホームページをご覧いただき、誠にありがとうございます。

当院は総合的な歯科治療を目指す桃花台歯科から、主に歯周病・インプラント治療を専門とする分院として設立されました。現在は本院と連携し、患者様の症状に応じて最適な治療を行う体制を整えています。歯周病とインプラントを1つのくくりとしたのは、2つの理由があります。第一に私の専門分野が歯周病治療であること、第2に歯周病とインプラントは治療を進める上で、非常に深い関係に有るからです。

一般に歯周病というと、歯の病気と思われる方が多いようですが、実際は歯を支える骨の病気です。主に食べかすにより産出される細菌である歯垢(プラーク)からの感染によって引き起こされる炎症性疾患です。現在、歯周病は糖尿病、高血圧などと同様、生活習慣病の一つと言われており、歯そのものが蝕まれる虫歯とは違い、歯周病は知らず知らずのうちに歯の周りの歯周組織を破壊し、放っておくと全身の健康へも悪影響を及ぼす怖い病気です。

歯周病の治療には、炎症を抑えるコントロールはもちろんですが、同時に咬み合わせなど、力のコントロールもしていく事が大切であり、お口の中に関わる幅広い知識や専門性、高い治療技術が求められます。

そしてインプラントとは、チタンという金属を使った人工歯根を歯を支えていた骨に埋める為、虫歯にはなりませんが、口腔内環境を整えずに安易にインプラントを施術したり、術後のメインテナンスを怠れば、かえって弊害(インプラント周囲炎、インプラント破折)が起こることもあります。

歯周病治療はいわば、歯やインプラントを支える土台の治療であり、安心してインプラント治療を行う為には、歯周病治療をはじめとした専門医としての知識や技術が問われます。歯周病とインプラントとは、そういう関係にあります。

当院が目指すのは、ただ治療をするだけで終わる『医業』ではなく、生活の質を改善することに重きを置いた『医療』です。『医療』とは不安な気持ちで医院を訪れる患者様の身になって、寄り添うことから始まります。そして、当院では少しでも患者様の不安が和らぐような双方向のコミュニケーションを重視し、ご満足頂ける治療を行っています。

当院ではこれからも患者様の生活の質の向上を考えた『医療』を忘れず、スタッフ一同が心を一つにして治療にあたるよう努めて参ります。

村上 卓

所属

  • AIAI(国際インプラント学会)認定医
  • JACP(日本臨床歯周病学会)認定医
  • JACP(日本臨床歯周病学会)インプラント認定医
  • AAP(アメリカ歯周病学会)会員
  • EAO(ヨーロッパオステオインテグレーション)会員
  • 日本口腔インプラント学会会員
  • JIADS STUDY CLUB所属
  • ページトップへ